まだ見ぬ山頂の絶景を求めて
TOP  ›   NEWS   ›  NEWS個別
NEWS

動日記           2013年  4月  1日

記入者

上地 真由美

活動日

平成 25年 3月 22日(金曜日) 天気:晴れのち雷雨

活動内容

愛子岳(屋久島)ピストン(未踏峰)

参加者

佐々木,井上,許斐,田中(恵),二村,上地×2

  計7名

■活動内容

7:48 民宿(やくすぎ荘)出発

  ロープ3本目あたりで近くに雷

8:05 愛子岳登山口着

  下山開始(1140m辺りか?)

8:23 登山口出発

12:58 雨具全装着、1100m付近より下山

9:12 標高400m地点の植生の看板着

14:50標高600m地点の植生の看板通過

10:00標高600m地点の植生の看板着

15:27標高400m地点の植生の看板通過

10:08標高600m地点の植生の看板発

16:10 登山口着

10:41標高800m地点の植生の看板着


10:46標高800m地点の植生の看板発


11:00しるべの木着


11:11しるべの木発


11:38標高1000m地点の植生の看板


11:51とまりの木通過


   雨が降ってくる・・・雨具装着


■  感想&エピソード等

天気予報によると、雨予想は18時~とのことでした。

登山口には他の車はなく、貸切でした。

登山口(標高200m)より休む間もなく、ひたすら登り(急登)が続きました。

 山中(やまちゃんではない)の雰囲気は足立、福智(登った経験ないが)といった

感じでした。(広葉樹林帯が続いていましたL)

「とまりの木」辺りから、岩が出現してきました。

岩を這うようにして登っている頃、暗くなってきて、雨がポツポツ・・・

書籍にあった3本目のロープを登っている最中に、雷が急に近くで鳴り、

慌てて下山を開始しました。

急登での雨具装着経験がない為、スパッツの装着に時間がかかる等、今後の

課題が見えてきました。

山頂まではあとロープは2本だけあるとのことでした。

山頂まであと50mほどだと思われましたが、登頂断念・・・

 1000mも登ってきたのにぃ(;_;)・・・

 また次回(いつ?)挑戦します!!

 1000mひたすら登って降りる・・・かなり体力を使いました。

 翌日、リーダが足をひきずっているのを発見!!

 リーダでも筋肉痛になるんですね・・・(実は、右膝が登る途中から痛み、苦痛

 の登山でした。ところが山頂付近での出来事で、すっかり痛みを忘れていま

 した。パーティの安全が最優先な中、アドレナリンが脊髄から脳幹に流れ?

 痛みどころではありませんでした。下山して一息ついてから痛みが増して

 きました。やっぱり人間は気持ちが大切なんだなーーと実感しました。

 今回の下山中に事故がありました。この件に関しては事故報告書にまとめて

 います。L)