TOP  ›   NEWS   ›  NEWS個別
NEWS

9/23 リクエスト登山 米神山 ストーンサークル

9月23日お彼岸の日にパワースポットへ行きたいとの畑井たっての希望より、米神山へ佐々木L、角さん、長田さん、田村さん、中嶋さん、畑井の7名で山行を行いました。
ルートは京石登山口~山頂~熊登山口へ下りました。

9:25 京石を出発。しめ縄で祭ってある巨石があり毎年ここで宇佐神宮が祭典を行っているそうです。
入って少しの所から急な坂が出てきます。230メートル地点由布岳の望める見晴らしの良い所があり休憩をとりました。
10:10 目の前に1つ目の大きな岩柱が並んでいますがそこは道標がなく、上に登る道を探していた所実は右へ下る道であることが分かり、 先生が目印のテープを付けてもらいました。
その後はずっとかなり急登が続き、ひたすらロープが続きます。
10:40 巨石群へ到達。蜂の巣があるとのことで少し離れて巨石を眺めます。かなり巨大で縦に突き刺した様な石がずっと横並びに続いておりとても迫力がありました。
さらにずっと急登が続きます。11:06 休憩。息を整えます。
11:18 山頂到着。山頂にあるストーンサークルはススキに埋もれてしまい、あまり全容は見られません。
昼食 ・ 登山装備の説明。佐々木Lよりカラビナ、シュリンゲなど分かりやすく説明を頂きました。
12:00 山頂出発下山。今度は急登のロープ付きでひたすらに下り続けます。登りはフカフカとした土だったのですがこちら側は黒くて滑りのある土が多く滑りやすい感じがしました。
13:00 霊岩霊水へ到着。一枚の楕円形の丸い岩が巨大に横に寝そべり、その下から水が湧いています。とても不思議です。
弥生時代と思われる人達が一体どうやって山へ岩を運んだのか、または自然に出来たものなのか、、しかし自然に出来たにしては形が創られた様な所もあります。だから米神山はパワーストーンと言われる由縁なのだと思います。
霊水所を過ぎますと、ガラッと道の雰囲気が変わり、花や生き物が多く見られました。
トカゲ、蛇、カエル、が沢山おりました。そしてスイセンカズラ、マムシ草、山ユリ、アケビ、ムカゴなどその種類も豊富です。
ただ道を蜘蛛の巣がよく張っており、あまり人が入っていない様でした。
13:20 熊登山口到着。
米神山は高さは467メートルですが、かなり登りごたえがあり、ロープや急登の訓練に良く、しかもそれにパワーストーンもついてくるというとっても素敵な山だということが分かりました。

初めて先頭をきった畑井ですが、コースタイムの計算をあまりしていなかった事と、標識のない分かれ道や登山道を五感で感じる難しさ、そして皆さん全体のバランスをとりながら進んでいく事が思っていたより難しなと感じました。
京石側に行くとすぐ道沿いに佐田温泉があり、山での疲れを早く温泉でとれました。
ぶどう狩りや宇佐神宮も予定通りに立ち寄り、秋の実りと同じく豊富な経験ができました。畑井のリクエストに答えて下さった方々も本当にありがとうございました!